Columnお役立ちコラム

グランピングの企画をおこなうには

グランピング施設の運営を考えた時に、重要なのが企画です。特に初めてグランピングの企画をおこなうという方や、何度企画を出しても通らないという方まで、グランピングの企画でお悩みの方はぜひ、今回の特集をご覧ください。

グランピングの企画に関わらず、世間一般的な企画は、「相手に自分の考えていることを理解してもらう」ことが何より重要です。さらに良い企画を作るためには、「新規性があるか」「将来性があるか」「ターゲットにヒットするテーマか」といった細かな点についても確認する必要があるでしょう。それぞれの項目について、見ていきましょう。

相手に自分の考えを伝えるためには?

どのような仕事でも自分の考えを他人へ伝えることは困難です。企画を提出する場合は、主に企画書という形の文書で提出することが多く、提出段階で自分の考えが伝わらず、企画自体をなかったことにされてしまうという残念な結果になることもあります。このようなことを防ぐためにオススメな基本的要素が、「ビジュアルで表現する」と「カラー印刷をする」ことです。

ビジュアルで表現しよう

企画書は、なるべくビジュアルを使って表現するようにしましょう。「りんご一個」という言葉だけでも、自分と他人がイメージするものは異なります。丸い形のりんご?カット形?うさぎ形?赤りんごか青りんごか?など、自分が考えているものへ他人のイメージを近づけるために不要な要素はなるべく取り除くことにしましょう。

そのためには、自分の考えを誰が見ても分かる形にすることが重要です。「丸ごとの赤りんご一個」と表現しにくい場合には、そのビジュアルを企画書に添付すると、会議前に他者との共通認識ができて、その後の会話がスムーズにおこなえるようになります。

カラー印刷をしよう

経費削減という名目で、モノクロ印刷を推奨している会社も多いですが、グランピングの企画をおこなう場合は、なるべくカラー印刷で資料を作成するようにしましょう。様々な特徴のあるグランピング施設ですが、特に素材の質感や色合いをカラーで表現することは、グランピング施設を形作るためには重要だからです。

あると良い情報

企画を提出する時に、あると良い情報についてまとめてみました。これらの内容を企画書に補足情報として取り入れることで、情報に深みと広がりが出て、他者に受け入れてもらいやすくなります。

新規性があるか

既存のグランピング施設にはない新しい特徴があると、ターゲットを効果的に呼び込むことができます。新しい発想であればあるほど、実現への道のりは困難となりやすく、企画段階の共通認識が重要になってきます。もし新規性があるのであれば、企画段階から新規性があることの強みについて、記載するようにしましょう。

将来性があるか

せっかくよい企画であっても、先細りをしている将来性のないテーマを題材としていては、GOサインを出しにくくなります。今注目を受けつつあるテーマか、将来に渡って採算が取れるのか、客観的なデータや数字を扱って表現すれば、説得力のある企画書になることでしょう。

ターゲットにヒットするテーマか

ターゲットである顧客について想定はしていますか。まだしていない場合は、企画書の提出時には確実に想定が必要になります。なぜなら、グランピング施設の施工予定場所は、誰をターゲットにするかで異なるからです。グランピングのテーマや特徴をアピールする時に、想定ターゲットにヒットしやすいテーマであることを盛り込むと、利益を確保できるという点で、安心感のアピールに繋がります。

グランピングの企画で困ったら?

グランピングの企画を無事に終了しても、その実行までには数多くの現実的な問題が立ちふさがることだと思います。もし上手く企画ができない、企画が通った後どうしたらいいか分からないなど、グランピングについてのお悩みがあればぜひ弊社までご連絡ください。

Column Recent Entry

20170617

グランピングツールブランドdeluxsを立ち上げたきっかけと新たな挑戦について

「こんなん違うやんっ」と同時に「自分なら変えられる。やろう!」 という情熱が沸き上がる瞬間…MORE

「アフターコロナ」のオフィスに最適 遮音家具でwebミーティングも快適に

リゾート施設・グランピング施設の企画・デザイン事業から、非日常を創り出す意匠性の高いインテ…MORE

CONTACTお問い合せ

ご意見・ご質問などお気軽にお問い合わせください

CONTACT FORM

075-693-8139営業時間/9:00-18:00(土日祝日を除く)

WEB 打ち合わせ 実施中!

詳しくはコチラから!!>>
075-693-8139 CONTACTお問い合せ
Scroll Up