Columnお役立ちコラム

グランピングテントは台風に弱い!被害事例と対処法を徹底解説

遊休地やキャンプ地を「グランピング施設」に開発したいというお客様は非常に多いです。
そこで誰もが悩むポイントが一つ。

台風によりの被害を受けているイメージ

 

─  グランピングに使用するテントって、台風がきたらどうなるの?

 

確かに、自然を楽しむアクティビティとして人気のあるグランピングですが、台風が来るどうなるのか不安になりますよね。
「高い費用が掛かるのに台風の風で飛ばされてしまうのではないか?」という懸念をされる方もしばしばいらっしゃいます。

そこでこの記事では、

・台風がグランピングテントに及ぼす被害
・グランピングテントを台風から守る3つの対処法

についてを詳しく説明します。

すぐに読むことができるので、「グランピング事業を始めたいけど台風が心配」という方はぜひご一読下さい。


グランピングテントは台風の被害を直接的に受ける

台風の強風よって倒れた木

グランピングテントは台風が来ると、簡単に飛ばされてしまいます。それは当然のことで、グランピングテントは通常ウッドデッキの上に組み立てる様式のものが多く、そこで使用されるテントは鉄、またはプラスチックの支柱を素材としており、テント幕の素材もビニールやコットン製のものが多いです。
その結果、大きな台風がきてしまうとテントは強風に耐えることができません。

実際に和歌山県の加太では、台風の影響でグランピングテントからバーベキューセット、トイレまでもが飛ばされたという被害が出ています。

https://www.makuake.com/project/sorasita/

※現在はグランピング事業の再開に向けて、クラウドファンディング等を利用して資金を集めているそうです。

 

自然災害は予測ができないため、どれだけ事前に台風の対策を取っていても実際に起こらなければ被害の甚大さは分かりません。
実例にあげた台風被害も他人事ではありません。台風の被害を受けないためにも、グランピング事業を始めるにあたり、台風対策を徹底しなければならないのです。

グランピングは低資金で始められるが、テントは慎重に選ばなければならない

台風の影響を受けないグランピングテント。それさえあればグランピング事業をすぐに進めることができるのに・・・。
そう考える方は非常に多いですが、そんなテントはすぐに見つかる訳ではありません。

グランピング事業は思っているよりも安価で始めることができます。
しかし自然災害という問題が立ちはだかるがゆえに、リスクを考慮した結果なかなか参入できないといったところが本音でしょう。
グランピング事業を始めたのにも関わらず、台風対策が徹底できなかったゆえに、大きな損害が出てしまっては元も子もありません。
無駄な経費がかかってしまうだけです。

そうならないためには、少なくとも台風に対処できるよう何かを手田てを施さなければなりません。
そこで以下ではグランピングテントを台風から守る方法についてを説明します。

 


グランピングテントを台風から守る対処法

グランピングテントを守るためには、必ず人の手が必要になります。そのためグランピング事業を始めたい方は、台風に対して最低限の対処法を知っておかなければなりません。それでは説明します。

 

<1>台風が来る前に折りたたんでおく

グランピングに使用するテントを守るために一番いいのは、台風が来る前にグランピングテントを折りたたんでおくということです。
台風は、地震のように予測が不可能という訳ではありません。天気予報を見れば、台風の進路を確認することができます。

そこで台風の進路を確認し、グランピングテントを折りたたんで、倉庫かどこかに保管しておきましょう。
そうすることで、台風の被害を受けることはありません。
その際に気をつけておくことは「予約を取らない、または予約をキャンセルする」ということです。

繰り返しますが、台風は自然災害になります。予測はできても確定することができません。
しかし1ヶ月前からグランピングを予約し、楽しみにしてくれているお客様がおられる場合もありますよね。

その場合は、残念ではありますが、予約をキャンセルするようにしましょう。
台風の中でグランピングを行っても、危険が伴う上に全く「グラマラスなキャンプ」にはなりません。

<2>ペグを打ってもテントが耐えられない

ペグとは、テントを地面に固定設置するための器具です。
杭のような形をしており、そこにテントの端を結びつけることで、強風に耐えることができる、といったものです。

そもそもグランピングテントは、一般販売されているテントを使うことが多いです。
しかし、そのテントは元々、台風に耐えられるよう設計で作られていません。「ちょっと強めの風」にしか対応しきれないのです。

台風以外の穏やかな環境では、風に飛ばされることはありません。
しかし台風の場合はいとも簡単に飛ばされてしまうので、台風がくる前に折りたたんでおきましょう。

<3>テントにロープを張っても台風に対処しきれない

ロープにテントを張ることも上記の「ペグを打つ」と同じく、一定の強風しか耐えることはできません。
ロープでグランピングに利用するテントを固定していても、テントが耐えきれずに吹き飛んでしまうのです。

いくら頑丈にロープを結んでも結果は変わりません。
なぜなら、グランピングで使用される一般的なテントは台風に耐えられるような仕様で作られていないからです。

グランピング専用に作られたテントであっても同じで、台風には耐えられません。
そのため、グランピングテントを台風から守る対処法としては、前述した「台風がくる前に折りたたんで置く」ことが一番です。

 


国内唯一の台風に強いグランピングテントがある

 

冒頭の方で「グランピングテントは台風に弱い」とご説明しました。
しかしグランピング用品を専門に取り扱っている「deluxs」では、「国内唯一の台風に強いグランピングテント」を取り揃えております。

当社で扱っているグランピング用のテントは他社商品とは違い、フレームの構造や使用している素材が特殊で、台風を想定した工法でグランピングテントを制作しています。
したがって、他社では実現できない「台風に強いグランピングテント」を提供することが可能です。

そんな独自のノウハウで作り上げた「最高のグランピングテント」で、グランピング事業を始めませんか?
グランピング事業に参入しにくい問題である「台風」。
その影響を受けない、国内唯一のグランピングテントがdeluxsにはあります。
お問い合わせいただいた方には特別に「仕様書」を作成することも可能なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせページ

 


グランピングのテントを購入するならグランピングツール専門店「deluxs」にお任せ

グランピング用品専門店「deluxs」では、グランピング事業を始めたいお客様に、魅力的なツールを販売しております。様々な色彩を放つLEDライトから、夏でも冬でもグランピングを楽しんでいただくことができるエアコン付きのウィンシェル。すぐにグランピング事業に
い参入できるよう、屋外家具のセットを取り揃えております。

他にも、グランピングを始めたばかりの方に向けて、たくさんのグランピング事業プランを手がけてきた「deluxs」が、効果的なマニュアルの作成も行なっております。

「グランピングを始めたいけど、運営の仕方がわからない」
「慎重になりすぎてグランピング事業に参入できない」

そんな方はぜひとも、グランピングツール専門店「deluxs」にお問い合わせ下さい。グランピング事業を始めるなら、今がチャンスですよ!

 

———————————————–
グランピング運営を加速する【deluxs(デュラックス)】
京都府京都市南区上鳥羽南花名町34
075-748-6039
https://delux7.com
https://deluxcapsule.jp
https://aura.delux7.com
http://dee-wood.delux7.com

Column Recent Entry

世界のコンテナハウス事情【海外の事例も10個紹介】

世界のコンテナハウス事情【海外の事例も10個紹介】

近年ライフスタイルが多様化し、家においてもこれまで一般的だった一軒家のような住宅を購入した…MORE

ホラーハウスパッケージ~素早く低コストでホラーイベントを実現!

ホラーハウスパッケージ~素早く低コストでホラーイベントを実現!

コストを抑えてホラーハウスが作りたい 施設や店舗に付加価値を付けたい 余剰空間を有効活用し…MORE

CONTACTお問い合せ

ご意見・ご質問などお気軽にお問い合わせください

CONTACT FORM

0120-102-548営業時間/9:00-18:00(土日祝日を除く)
Scroll Up