Columnお役立ちコラム

グランピング運営と行政許認可について

グランピング開発の前に必ず確認および届け出を行わないといけないことがあります。

グランピングの施設運営はキャンプ場とは異なり、ホテルや旅館などと同じ旅館業の許認可が必要

なります。従いまして、運営予定地によりまして使用用途が限られたり、全く宿泊営業が

できないなどのお話をよく聞きます。まず予定地の管轄の役所にて、

制限地域でないかの確認を行ってください。

 

グランピング運営可能な土地であれば、次に行うのが各行政の建築審査課との協議です。

グランピングは、テント、キャビン、トレーラーハウスなどに分類されますが、

その設計によりまして建築物か非建築物、どちらに該当するか分かれます。

地域によっては前例がなく、行政の担当者がグランピングの知識が全くない場合があります。

その場合、グランピングの定義を一から伝えていかなければなりません。

グランピングの運営計画がある程度整いましたら、予定地の設置図、宿泊施設の設計図、

営業計画書を提出し行政の担当者と協議をします。

 

 

その中で最も問題になりやすいのがグランピングテントです。

なぜならば、グランピングテントが建築物であるか否かのグレーな工作物であるからです。

建築物であるとの判断がなされた場合、建築確認申請が必要となり、消防設備、

様々な規制がかかってきます。それにより、グランピング運営を諦める事業者様が

多いのも事実です。

 

建築審査課との協議、認可が終わりましたら、次は管轄の消防署での協議、届け出です。

同じく予定地の設置図、宿泊施設の設計図、営業計画書が必要となり、安全の為の指導を受けます

 

最後に保健所にて宿泊業許可の申請を行います。

食品衛生管理者や食事の提供、防虫対策などの協議を行います。

 

繰り返しお伝えしますが、上記の中で最もたいへんと事業者様から聞くのが、建築審査です。

これはグランピングが最近始まった事業で法整備ができてなく、行政の建築主事がすぐに

判断できない状況が多いからです。

 

グランピング施設の販売だけに特化する業者と違い、弊社では豊富なグランピング事業の

経験により、事業者の皆様の計画に沿って、行政の許認可取得を強力にサポート致します。

まず、お気軽にご相談ください。

グランピングの計画・立案から開業準備、オープン後の運営までワンストップで

お手伝いさせていただきます。

 

グランピング事業の成功を一緒に叶えましょう!


グランピング運営を加速する【delux(デュラクス)】
Deluxs JAPAN株式会社/株式会社ゼンシン
京都府京都市南区上鳥羽南花名町34
075-693-8139

https://deluxs.co.jp/
https://pocon.delux7.com/

Column Recent Entry

20170617

グランピングツールブランドdeluxsを立ち上げたきっかけと新たな挑戦について

「こんなん違うやんっ」と同時に「自分なら変えられる。やろう!」 という情熱が沸き上がる瞬間…MORE

「アフターコロナ」のオフィスに最適 遮音家具でwebミーティングも快適に

リゾート施設・グランピング施設の企画・デザイン事業から、非日常を創り出す意匠性の高いインテ…MORE

CONTACTお問い合せ

ご意見・ご質問などお気軽にお問い合わせください

CONTACT FORM

075-693-8139営業時間/9:00-18:00(土日祝日を除く)

WEB 打ち合わせ 実施中!

詳しくはコチラから!!>>
075-693-8139 CONTACTお問い合せ
Scroll Up